Maritime radio telegraphy world wide news

Maritime radio telegraphy world wide news」はドイツの無線局の職員であった私Sylvester Foecking(DH4PB)が制作した2枚組みのCDアルバムで、約2時間分の無線電信の録音が入っています。

CDの音源は「ブレーメン海事高校」が有するものや制作者個人の録音を使用しています。CDの最初は過去100年における船舶無線の歴史の紹介で始まります。次に全世界の海岸局の録音情報が入っています。今は なき有名無線局Nordeich RadioScheveningen RadioLand's End RadioHalifax RadioWashington RadioSydney Radioなどのメッセージが録音されています。種類としてはSOS、緊急・安全メッセージ、氷山警報、天気予報、プレスリリースなどが収録されており船舶無線が実際 どのように行われていたかがわかります。また当時の無線通信士にはどんな能力が要求されたのか、情報を正しく把握するために聴感がいかに大切だったかなど も実感できます。現在大半の海岸局は存在していないか、あっても電信のような古い方法では送信を行っていません。衛星通信がすべて取って替わってしまった からです。このCDのハイライトは有名無線局の最後の送信録音が少なからず掲載されていることで す。CQメッセージの後に感動的な最後のお別れメッセージがモールスコードで出てきま す。これを聞いていると船舶無線を生涯の仕事にして来た人間は涙が出てきてしまいます。当時の無線通信士は船上でも陸上でも厳しい使命を果たしてきまし た。今日通信士という職業自体がなくなってしまい、通信の使命も海事を扱う部門から他の部門に移ってしまいました。

Sylvester Foeckingは全世界の無線電信の録音を個人的に保存してきました。2枚組みのCDは主として70年代から80年代の録音からなっていますが、昔通信士であった人だけでなく電信に関心のある人には興味のあるも のと思われます。CDとともに私のHP「海岸局とその呼出符号」(http://www.seefunker.de)もご覧になることをお勧めします。その中で「international」の項を参照されると各海岸局のCQ信号の録音が聞こえますのでより興味が深まります。

申込先: Sylvester Foecking, Wormser Strasse 16, D 55276 Oppenheim,

 Germany

E-mail:   DH4PB_email.jpg (1812 Byte)    < ---- read backwards

 


価格: DM15(7.50ユーロ)

 この内DM5(2.50ユーロ)はブレーメン無線技師協会に寄付します。

送料: ドイツ国内 DM4 欧州 DM8(4ユーロ)

   日本を含む外国は価格+送料で$13.00

送金方法: 問い合わせること、事前の送金は不要

納期:  約14日

言語: 英語版とドイツ語版あり(パッケージとイントロが異なる)